打敷き

打ち敷きは、お仏壇の前卓に掛ける敷物です。すべての宗派で飾られます。
宗紋を入れた物から織物まで、夏冬用と種類色々あります。
仏壇のサイズに応じて寸法が異なります。御不明な点がございましたら何なりと御連絡ください。
また、特別注文による高品質の手刺繍や家紋入り打ち敷きも販売実績等もございます。
通販はもちろん店頭でも豊富な在庫をご用意し、皆様のご用命をお待ち申し上げております。

四角織物タイプ

浄土真宗以外の宗派は、四角の織物タイプのものを利用する場合が多いで。
前卓のサイズに応じて色々選べます

 

打敷綴れ(冬用)
天平唐草

 

打敷(冬用)
花丸又は鳳凰など


打敷(冬用)
白菊金通

 

打敷正絹経上金通(冬用)


 

打敷正絹経上金通(夏用)



打敷正絹(夏用)


 

打敷金通(夏用)


 

打敷正絹(夏用)


宗紋入り打敷き

日蓮宗、曹洞宗、浄土宗など宗派に応じた宗紋を入れた打ち敷き
綴れにミシン刺繍で加工しました。前卓のサイズに応じて色々選べます

 


日蓮宗宗紋入打敷(冬用)
井桁に橘


 

浄土宗宗紋打敷(冬用)
葵紋と月影杏葉紋



曹洞宗宗紋入打敷(冬用)
笹竜胆と五七の桐


 

日蓮宗宗紋入打敷(冬用)
朱色塩瀬
井桁に橘


 

真言宗宗紋入高野山派打敷(夏用)
五三の桐と左巴


曹洞宗宗紋入打敷(夏用)
笹竜胆と五七の桐
写真は、真言宗の宗紋です

浄土真宗用打敷き

浄土真宗用は一般的に三角の打ち敷きを使用します。
大谷派では、宗紋や刺繍のものを、本願寺派は、宗紋や織物のものを飾ります。
サイズに応じて色々選べます

 

浄土真宗宗紋入打敷(冬)
綴れミシン刺繍


 

浄土真宗宗紋入打敷(夏)
紗にミシン刺繍



浄土真宗(冬用)
鳳凰刺繍


 

浄土真宗(夏用)
鳳凰刺繍


 

浄土真宗(夏用)
呂にハス刺繍



浄土真宗(冬用)
特注手刺繍


 

織物綴れ



 

織物正絹
色選べます



織物金紗
(夏用)


経机掛け

経机掛経机の天板面に掛けます金襴製の布。
机を傷つけず、お線香やろうそくの火に対しても、防炎加工済み。
同系のお色目でご用意しますが、場合により模様が異なる場合もございます。
経机の大きさにあわせて寸法が選べます。

 

経机掛け(並)
紺系緑系


 

経机掛け(上)
金通し







このページの先頭へ