仏事・ぶつじ豆知識

仏壇、仏具の通信販売なら名古屋の奥村仏具店へお任せください。
核家族化が進み仏壇のない家庭が増えています。親が亡くなり始めて仏壇を購入する。そして、普段からお寺様とのつながりも薄い為、どんな仏壇を選べば良いかわからず、身近に詳しい人もいない方にも、わかりやすくサポートします。
ご購入までご納得していただけるよう、ご奉仕いたします。
仏壇と仏具選びは伝統と信頼の弊店にお任せください。
通販はもちろん、店頭にも豊富な在庫をご用意し、皆様のご用命をお待ち申し上げております。
初めての仏壇。どう供養していけば?の豆知識。御参考になれば

位牌について

お位牌は、亡くなられた方の戒名を記す仏具です。
四十九日法要までには、祭壇にあった白木位牌に変わって本位牌(塗り位牌や唐木位牌)をお祀りします。
法要時には、「お精入れ」「お魂入れ」を菩提寺様にして頂きます。
浄土真宗では、原則位牌を用いません。代わりに、法名軸や過去帳を記します

ご本尊と脇侍

初めてお仏壇を購入するときは、まず自分の宗派を知る事がとても大切です。
仏教は、宗派によって、教義も違いますそして、お経も違います。
お仏壇に安置するご本尊や脇仏も異なってきます。
宗派を調べるには、父方の親戚にたずねましょう。
父方の親戚がどなたもいないときは、今までのご縁のお寺様に確認する事になります。
初めてお寺様との付き合いが始まる場合などは、実家の宗派にかかわらず、自分の信じる宗派に決める事もできます。

数珠の豆知識

お数珠の連なる珠ひとつひとつは、ご本尊に例えらています。
またそれを持つ事によって、仏様に守られることになります。
お数珠の形式は、宗派ごとに定められていますが、特にきまりなくどの宗派にも用いる事の出来るお数珠がほとんどです。
お数珠の珠には、黒檀や紫檀の銘木、水晶や瑪瑙メノウなどの貴石、菩提樹などの木の実、などが使われます。
正式な数珠としては、108珠を基本としていますが、20~30珠くらいで構成される片手数珠も広く使われています。

打敷きについて

打敷とは、前卓(まえじょく)や、ご本尊様のまえに飾る上卓(うわじょく)などに掛ける荘厳具の一種です。
打布あるいは卓袱などと表記します。
また、打敷には、如来様あるいは御先祖様が、舞い降りたところに敷く、敷物。 お衣おという意味合いもあり、人間同様、敷き季節に応じて仏壇に敷く打敷きも、冬物から夏物へ、夏物から冬物へと衣替えし、高価な織物やて刺繍の「打敷」は、法要の時に使用します。

日々のお勤めについて

毎日のお勤めについて、ろうそくを灯したり、お香を焚いたり、ひとつひとつに意味があって行っています。

仏事・ぶつじ・仏具豆知識ほかの項目

このページの先頭へ