最新情報

平成30年 2018年のお彼岸はいつから

秋のお彼岸は、「秋分の日」を中日として、前後3日、合計7日間が、お彼岸の期間となります。
今年の秋分の日は、9月23日(水曜日)なので、 9月20日(木曜)彼岸入り 9月23日(日曜祝日)秋分の日 9月26日(水曜)彼岸明け

お彼岸の過ごし方

お彼岸の入りの日には、仏壇や仏具をきれいにするよう心掛けます。お墓もキレイに清掃します。
普段より丁寧に、仏壇や仏具の手入れをします。
お墓はお中日は混雑することが多いので、出来れば早めに家族と調整しながら揃って供養に行かれることをお勧めします。
墓石に水をかけたり、磨いたり、亡くなられた故人や先祖とのつながり感謝の想いを伝える時間を大切にします。

お彼岸は何を用意すれば

お彼岸用のお供えのお菓子は、季節に合わせて用意することが多いです。
春のお彼岸には、牡丹餅を、秋のお彼岸にはおはぎを御供えすることが多いです。
和菓子屋さんで購入することがほとんどですが、小さい子供さんがいらっしゃる家庭では、一緒に作ったりしても楽しいイベントになりますね。

お彼岸は、六波羅蜜の実践

「彼岸」はサンスクリット語の「波羅密多」から来たものといわれ、煩悩と迷いの世界である【此岸(しがん)】にある者が、「六波羅蜜」(ろくはらみつ)の修行をする事で「悟りの世界」すなわち【「彼岸」(ひがん)】の境地へ到達することが出来るというものです。
太陽が真東から上がって、真西に沈み昼と夜の長さが同じになる春分の日と秋分の日を挟んだ前後3日の計7日間を「彼岸」と呼び、この期間に仏様の供養をする事で極楽浄土へ行くことが出来ると考えられていたのです。
菩提寺様等で、彼岸会が行われます。この教えを会得するためにも参拝されてみては

仏具仏壇のお手入れ

お彼岸には、日ごろ出来ない部分のお掃除をしましょう。 灰のお手入れ、こびりついたロウの除去、艶がなくなってきた仏壇や仏具のお磨きなど、日ごろのお掃除が便利になるますよ。

灰ふるい

灰ふるい器

ローがとれます

ローがとれます

仏壇艶出し

仏壇艶出し

通販サイトはこちら→お手入れグッズ

お墓のお手入れ・備品の交換

お彼岸の期間には、家族揃ってお墓参りに行きましょう。 墓石の汚れを取り、雑草を取り除いたりして、日ごろより丁寧に掃除します。 お線香入れや花筒、火立てなども古いものは交換してきれいになったもので手を合わせたいものです。

墓参り手桶

墓参り手桶セット

墓参灯セット

墓参灯セット大

お墓用風防セット

お墓用風防セット

通販サイトはこちら→お墓参りグッズ

お客様の声 納品事例

お客様納品事例1

バーズアイメイプルA様

しっかりとしてコンパクトなお仏壇をお探しでした!

奥村佛具店さんを知ったのは、ネット検索でした。
名古屋市内でもあり、大きな仏壇からの買替だったので・・・

お客様納品事例2

くるみジェミニ

国産仕上げの明るいお仏壇をお探しでした!

居間に置くためのお仏壇を探していたところ、奥村仏具店さんにお願いしました。予算もサイズも・・・

お客様事例3

ボクシー幅広タイプ

和室でも洋間でも合うお仏壇をお探しでした!

大きなお仏壇を処分して、コンパクトなお仏壇に買い替えでした。お供え物のしやすいお仏壇を・・・

サービス紹介

お数珠の修理・修復

お数珠が切れた、房が汚れた。中糸が切れてしまったお数珠や、汚れてしまったり日焼けしてしまった房。
弊社専属の職人が修復いたします。
まずはお見積りをご依頼ください。
(修理の程度によりご要望にお答えできない場合もあります。

仏壇の引取・供養・処分まで

とても大きな仏壇、仏具など処分に困ってしまう場合がありますよね。
処分して欲しい方、引き取りに来て欲しい方、
「奥村仏具店」までお気軽にお電話ください。。

仏壇の引越し・保管お預かり

大型のお仏壇の引越。引越し業者では断られてしまったお仏壇の引越。
弊社なら丁重に梱包して運搬致します。
置き場所に困ってしまった場合のお預かりも致します。お問合せ下さい。

仏壇仏具お数珠の修理・修復

仏壇の金箔がはがれた小さな修理から、
分解して洗浄する大修理まで!弊社専属の職人が修復いたします。
まずはお見積りをご依頼ください。
(修理の程度によりご要望にお答えできない場合もあります。

よくあるご質問

新しくお仏壇を購入したら、どのように準備すればいいのか
新しくお仏壇を購入したら、菩提寺のご住職に来ていただき開眼供養や入仏式の読経をお願いします。この法要により、お仏壇はもとより、御本尊、仏像、位牌、掛け軸が、ただの物から、尊い「尊像」と生まれ変わります。住職に来ていただくのが困難な場合は、新しいご本尊や位牌を菩提寺に持参して魂入れをしていただき、持ち帰ってお仏壇に安置します。
お仏壇は、宗派によって選ぶものが違ったり、材質や金色だったり茶色だったり黒だったり。どんな種類のものを選べば良いか、初めて購入するものには判断しづらいです。
安置される場所を決められ、お好きなデザイン形のものをお探しになられるとよいでしょう。詳しくは、仏壇豆知識のページをご覧下さい。。
どうしてお仏壇を置くのですか。何の為にあるのか?
大切だった亡き人やご先祖様を供養するためにまつります。
また、ご本尊をおまつりして仏教の教えに触れることも、お仏壇をまつる大切な目的です。お寺のミニチュア版です。
祈りの象徴であると同時に精神的な拠り所として、また、亡き人と語らう場所となり、家族の幸せと繁栄を祈り、心を開いて自分を見つめ直す心の支えの場所となります。

仏壇仏具豆知識 初めての仏壇仏具 まずは知ることがとっても大切です

仏壇購入の前に

仏壇を購入する時期

いつ購入されても良いものです。購入しようと思われたときが、「ご縁」です。そのきっかけが、新築や改築の場合もありますし、お子様の御結婚であったり、身近な方の死であったりする場合があります。身近な方が亡くなられた場合は、四十九日や三十五日の忌明けの法要までに準備します。
前もって、仏壇を安置する場所を決めて、安置する空間の、幅や高さ、奥行きなど寸法を測っておくと選ぶのにスムーズです

仏壇を安置する場所

仏壇は、家のどこかに祀らなければならないと言う場所はありません。仏間や寝室、和室、居間など、お祀りしやすい場所、手をあわせやすい場所がよいでしょう。
方角にも、どの向きが一番、という決まりはありません。例えば、西向きにすると極楽浄土の方向になり、東向きにすると陽が昇る方向になります。西向き東向きは多くの宗教施設が採用している方向となります。また、南向きにすれば、家族が集まりやすい居間やリビングであることが多いので、手を合わせやすい場所と言えます。

選ぶポイント

大きさや素材、デザインなどの違いがあります。仏壇は、同じように見えても大きく価格が異なる場合もあります。
仏壇のほか、仏壇の中心になる御本尊の仏像やお位牌、お線香を焚く香炉、花瓶、燭台などの仏具も必要となります。おおかたの予算を決められて、2.3軒は来店されて決められるのが良いでしょう。

ページの先頭へ