最新情報

新盆・新盆の迎え方

初盆とは?

初盆(はつぼん)とは、故人の死後、四十九日の忌明けを過ぎてから初めて迎えるお盆のことを言います。新盆(にいぼん)などとも呼ばれます。ですので、忌明け四十九日以内にお盆が来れば、その年のお盆ではなく、翌年が新盆初盆となります。
お盆には、故人や先祖の霊が帰ってくると言われており、自宅で御供えや提灯を置いてお迎えして、お墓参りなどの供養をします。
特に、初めてのお盆「初盆・新盆」は、それに加え、僧侶や親族、故人と親交の深かったを招いて法要を行ったりします。

2018年のお盆の時期は

東京や一部の地域では7月に行う新盆、
そのほかの地域では8月に行う旧盆があります。

2018年(平成30年)お盆の時期
新盆 7月13日(金)~7月16日(月)
旧盆 8月13日(月)~8月16日(木)

新盆で用意準備するもの

精霊棚(しょうりょうだな)

先祖の霊を迎えるための棚を作ります。お仏壇の前に、小さなテーブルなどで代用できます。
テーブルにまこもを敷き、その年の作物や精霊馬を御供えします。
精霊棚の中央には、お仏壇の中から位牌を出して飾ります。

精霊馬

精霊馬は、はしぎでキュウリと茄子に足を付け、それぞれ馬と牛に見立てます。
先祖の霊が、来るときは早足で馬に乗って素早く、そして帰るときは、お土産たくさん持って牛にのってゆっくり帰って下さい」と言う願いが込められています。

盆提灯(ぼんちょうちん)

盆提灯は、、先祖の霊が迷わず家にたどり着けるように灯しておく灯りです。盆提灯には、紋天といわれる白い提灯と、絵柄や家紋の入った提灯の二種類があります。絵柄や家紋の入った提灯は、親族等から送られることが多いのですが、白い提灯紋天は、身内で用意します。
新盆で使用した紋天(白い提灯)は、送り火で燃やしたり、菩提寺で供養してもらいます。

新盆の流れ

1.13日頃、精霊をお迎えするための精霊棚を作ります。棚の上には、マコモと言われるゴザを敷き、中央に位牌を置きます。 お膳や、果物、お野菜などの御供えをして、盆提灯や、精霊馬、ほおずきなどを飾ります。
2.夕刻、迎え火(ほうろく皿の上で麻がらを燃やす)を焚いて帰ってこられる精霊の目印を焚き、お迎えをします。 新盆初盆の時は、白い提灯を灯し、新しい精霊が迷わないよう目印とします。
3.精霊をお迎えしてからの14~15日の間は、お供え物や水などは毎日変えるようにして、出来る限りのおもてなしをします。
4.16日に、迎え火を焚いた時と同様に、送り火を焚き、先祖の霊を見送ります。
お供え物やこの期間に使用した白い提灯を菩提寺に持って行ってお焚きあげしてもらったりします。

お盆用品ショッピングく

お客様の声 納品事例

お客様納品事例1

バーズアイメイプルA様

しっかりとしてコンパクトなお仏壇をお探しでした!

奥村佛具店さんを知ったのは、ネット検索でした。
名古屋市内でもあり、大きな仏壇からの買替だったので・・・

お客様納品事例2

くるみジェミニ

国産仕上げの明るいお仏壇をお探しでした!

居間に置くためのお仏壇を探していたところ、奥村仏具店さんにお願いしました。予算もサイズも・・・

お客様事例3

ボクシー幅広タイプ

和室でも洋間でも合うお仏壇をお探しでした!

大きなお仏壇を処分して、コンパクトなお仏壇に買い替えでした。お供え物のしやすいお仏壇を・・・

サービス紹介

お数珠の修理・修復

お数珠が切れた、房が汚れた。中糸が切れてしまったお数珠や、汚れてしまったり日焼けしてしまった房。
弊社専属の職人が修復いたします。
まずはお見積りをご依頼ください。
(修理の程度によりご要望にお答えできない場合もあります。

仏壇の引取・供養・処分まで

とても大きな仏壇、仏具など処分に困ってしまう場合がありますよね。
処分して欲しい方、引き取りに来て欲しい方、
「奥村仏具店」までお気軽にお電話ください。。

仏壇の引越し・保管お預かり

大型のお仏壇の引越。引越し業者では断られてしまったお仏壇の引越。
弊社なら丁重に梱包して運搬致します。
置き場所に困ってしまった場合のお預かりも致します。お問合せ下さい。

仏壇仏具お数珠の修理・修復

仏壇の金箔がはがれた小さな修理から、
分解して洗浄する大修理まで!弊社専属の職人が修復いたします。
まずはお見積りをご依頼ください。
(修理の程度によりご要望にお答えできない場合もあります。

よくあるご質問

新しくお仏壇を購入したら、どのように準備すればいいのか
新しくお仏壇を購入したら、菩提寺のご住職に来ていただき開眼供養や入仏式の読経をお願いします。この法要により、お仏壇はもとより、御本尊、仏像、位牌、掛け軸が、ただの物から、尊い「尊像」と生まれ変わります。住職に来ていただくのが困難な場合は、新しいご本尊や位牌を菩提寺に持参して魂入れをしていただき、持ち帰ってお仏壇に安置します。
お仏壇は、宗派によって選ぶものが違ったり、材質や金色だったり茶色だったり黒だったり。どんな種類のものを選べば良いか、初めて購入するものには判断しづらいです。
安置される場所を決められ、お好きなデザイン形のものをお探しになられるとよいでしょう。詳しくは、仏壇豆知識のページをご覧下さい。。
どうしてお仏壇を置くのですか。何の為にあるのか?
大切だった亡き人やご先祖様を供養するためにまつります。
また、ご本尊をおまつりして仏教の教えに触れることも、お仏壇をまつる大切な目的です。お寺のミニチュア版です。
祈りの象徴であると同時に精神的な拠り所として、また、亡き人と語らう場所となり、家族の幸せと繁栄を祈り、心を開いて自分を見つめ直す心の支えの場所となります。

仏壇仏具豆知識 初めての仏壇仏具 まずは知ることがとっても大切です

仏壇購入の前に

仏壇を購入する時期

いつ購入されても良いものです。購入しようと思われたときが、「ご縁」です。そのきっかけが、新築や改築の場合もありますし、お子様の御結婚であったり、身近な方の死であったりする場合があります。身近な方が亡くなられた場合は、四十九日や三十五日の忌明けの法要までに準備します。
前もって、仏壇を安置する場所を決めて、安置する空間の、幅や高さ、奥行きなど寸法を測っておくと選ぶのにスムーズです

仏壇を安置する場所

仏壇は、家のどこかに祀らなければならないと言う場所はありません。仏間や寝室、和室、居間など、お祀りしやすい場所、手をあわせやすい場所がよいでしょう。
方角にも、どの向きが一番、という決まりはありません。例えば、西向きにすると極楽浄土の方向になり、東向きにすると陽が昇る方向になります。西向き東向きは多くの宗教施設が採用している方向となります。また、南向きにすれば、家族が集まりやすい居間やリビングであることが多いので、手を合わせやすい場所と言えます。

選ぶポイント

大きさや素材、デザインなどの違いがあります。仏壇は、同じように見えても大きく価格が異なる場合もあります。
仏壇のほか、仏壇の中心になる御本尊の仏像やお位牌、お線香を焚く香炉、花瓶、燭台などの仏具も必要となります。おおかたの予算を決められて、2.3軒は来店されて決められるのが良いでしょう。

ページの先頭へ